2016年11月21日月曜日

意見の押し付け

先日フレのお店で

オーナーとお客様の間で口論があり

「お店のブログに記載してる、ルールに従ってほしい」

「従ってるつもりだけど、それって意見の押し付けですよね」

大雑把かつ一部分的ですが、こんなやりとりがありました


ひさめもよく揉めますがw、今回は当事者でないので

比較的冷静に見てました

そこで実感したんですけども

この「意見の押し付けだ」という言葉

ひさめ自身の揉め事や口論の際も、相手が言う事が多いのですが

やっぱり当事者としても、客観的に見ても、

言い訳や、逃げ口上なんだなと痛感しました


「押し付けられている」と感じた時点で

自分に負い目があると認めているようなもの

負い目や、やましい事がある人、もしくは

自分の意見や主張に自信がない人は

「意見を押し付けるな」とか、「人それぞれ」とか言います

つまり自分が正解でないからですよね

自分が正解でないと分かってて、認めたくないから


それが正解なら

もっと堂々とした受け答えになるはず

「物を盗むのはよくない事だ」に対して

「当たり前でしょ、何言ってるの?」というのが普通です

「自分の意見を押し付けるな」とか「人それぞれでしょ」という

バカはいませんよね

当たり前の意見や主張、あるいはそれが常識ですからね
 
 
逆に「物を盗むのはよい事だ」に対しても

「意見を押し付けるな」というバカはいません

それが正解でなく、非常識なことが「当たり前」だからです


冒頭の、フレのお店でのやりとりも

お店のルールに違和感を感じるならば

来店しないか、素直に立ち去ればいいだけです



 なんか、ややこしくなりましたけどもw


 「当たり前でしょ」と言えず

「意見の押し付けだ」としか言えない人は

「物盗んだって別にいいでしょ、うるさいなー」

ということですよね



 だからひさめは

「意見を押し付けるな」とか「人それぞれ」という言葉を

多用する、もしくはそれがポリシーの人が

大嫌いです☆



0 件のコメント:

コメントを投稿